So-net無料ブログ作成
検索選択

Museo Antropológico Padre Sebastián Emglet [イースター島]

DSC04438.jpg

1987年 日本の企業の援助でつくられた博物館

博物館には島内の遺跡やモアイを調査しリストを作ったドイツの宣教師の名前がつけられています

博物館では島全土から出土した遺物や収集品、島の生活や歴史がパネルや写真で展示されています

DSC04414.jpg

ガイドブックには撮影禁止と書いてましたが、フラッシュを使わなければ写真もビデオも撮影OKでした

DSC04417.jpg

女性のモアイ

1956年アナケナビーチでノルウェーの学者トール・ヘイエルダールにより胴体の部分が発見されたそうです

30年後の1988年イースター島の考古学者が同じアナケナビーチで頭部を発見したそうです

胴体はノルウェーの博物館で展示公開されていましたが、頭部と胴体を一緒に展示したいと言う

イースター島からの要請により返却され展示公開されるようになったのだそうです

頭部の部分が異常に長いのはこの女性が女王で王冠を被っていたからだと言うことでした

DSC04416.jpg

正座したモアイのお尻の部分

DSC04419.jpg

小さいモアイの頭部 

6.jpg

モアイ作成の道具類

トキ(左側の斧みたいなもの)と言われる道具で荒削りをしケホ(右隅)と言われる道具で削って形を整え真ん中の黒曜石で磨くそうです

DSC04413.jpg

 

DSC04437.jpg

モアイの前面部分を完成させた後に背中部分を切り離して運んで立ち上がらせる方法の説明パネル

1.jpg  2.jpg

モアイの運び方の一例

5.jpg  3.jpg

モアイの運び方の一例

DSC04422.jpg

アフ・ナウナウの下から発見された「モアイの眼」 

高さ15cm、幅35cm、厚さ6cm(本によっては高さ19cm、幅36cm)

黒目の部分は赤色凝灰岩、白目の部分は白珊瑚石でできているそうです

アフ・ナウナウのモアイにあわせてみた所ピッタリとあったそうです

DSC04423.jpg

 

10.jpg

モアイ カバカバ(カバカバ=あばら骨)左から2番目と3番目

精霊のアクアク(日本の守護霊と同じ)の姿を彫ったものだと言われています

DSC04430.jpg

鳥人のレリーフ

IMG_02.jpg

1774年キャプテン・クックの同行者の画家William Hodgesが描いた支配者階級ハナウ・エエペ族

IMG_1.jpg           IMG_00.jpg

19世紀に描かれた島人のスケッチ

DSC04429.jpg

 

DSC04426.jpg

別館ではチリ本土の画家の展覧会が行われていました

DSC04428.jpg

 

Museo Antropológico Padre Sebastián Emgl


nice!(55)  コメント(35) 

nice! 55

コメント 35

ユミ

モアイ博物館なんてあるんですね!
しかもどうやって運んだのか絵つきでくわしい・・・
女性のモアイもいるんですね!
by ユミ (2009-11-12 20:30) 

ぴーすけ君

あぁ~~~、行ってみたぁ~~いO(≧∇≦)O
博物館、面白そう~。

by ぴーすけ君 (2009-11-12 21:27) 

はったぎ

モアイにも性別があったんですね~
展示してある絵もステキ!
by はったぎ (2009-11-12 21:57) 

sak

ふと
この時代にこの場所で生きていたかったかもって...

by sak (2009-11-12 22:16) 

qoo2qoo

モアイ博物館、面白いですね♪
男女のモアイがあるのは知らなかったです(o゚Д゚o)!!!
by qoo2qoo (2009-11-12 22:38) 

pica

モアイも見たいけど、展覧会にも興味津々☆
ナマで見たら迫力ありそうです!
by pica (2009-11-13 02:45) 

めぎ

作った人はまさか自分の作品が将来美術館に並べられるとは思っていなかっただろうなあ・・・と思うとしみじみします。
by めぎ (2009-11-13 04:34) 

MOCOMOCO

こういう博物館があると分かりやすくて面白いですね~^^
こんな遠くまで日本の企業が援助していることにもびっくりです。
by MOCOMOCO (2009-11-13 11:05) 

カトリーヌ

女性のモアイ像があるなんて知りませんでした^^
博物館が撮影OKでうれしいですね(゚∇^*) ♪
こういう説明が書かれていると、どうやってモアイを立てたのか
どうやって運んだのかがわかって楽しいです(^ー^*)♪
キャプテンクック同行の画家さんの絵がリアルですねー(ノ゚ω゚)ノ*
チリの画家さんのは、すごいインパクトですよね(●´ω`●)ゞ
パワーを感じます。
by カトリーヌ (2009-11-13 13:23) 

yukikaze

面白い博物館ですね。
重たいから日本での博物展はなさそうですね・・・。残念。
by yukikaze (2009-11-13 14:47) 

くろた

モアイも顔を間近で見れたり、
本当に貴重なモノがあったりと
博物館もかなり良いですねー。
モアイの目は中でもかなり
観てみたいと思いました。
もーきち分身は博物館の中でも相変わらず
緊張感がゼロですね~。
by くろた (2009-11-13 15:55) 

あつこ

へー!!
女性のモアイ!
それに、あばら骨って~
すごいね~

by あつこ (2009-11-13 21:08) 

とり

すごくインパクトのあるアートですね。
by とり (2009-11-13 21:14) 

chariko

博物館も日本企業の援助なのですねー。
割とイースター島と日本は縁があるのですねぇ。。
ものすごく遠い存在だったけど、身近に感じてきてしまった。
モアイの目があるってことは、本来みんな目が付いていたってことでしょうかね??
アート作品、力強いわー。
by chariko (2009-11-13 22:56) 

Rae

モアイ作成の道具類って書いておられるのに、ウッカリモノのワタクシは、モアイが持ってたものだと思いました(^^;)「木だし、風雨にさらされてると劣化が酷いから保管されてるんだー…。」とか思ってしまいました。 すぐ、間違いにいづきましたが(苦笑)
モアイって言っても色々あるんだなーって思いましたよー。
横一列に並んでるモアイしか知らなかったから。まさか女性のモアイまでいるとは!!
by Rae (2009-11-14 00:02) 

花火師

いつも訪問ありがとうございます!
 歯の治療が始まりましたが、まだまだこれからです
早く安心して噛める状態になりたいです。
by 花火師 (2009-11-14 01:13) 

noie

モアイのおしりが可愛いですね。(*^^*)
by noie (2009-11-14 14:20) 

御心

モアイって面白いですよね~♪
見ているだけで飽きないです(^_^)
不思議な魅力が伝わってきます。
by 御心 (2009-11-14 17:04) 

kiko1578

モアイというものを作るなんて人間もほんとに考える事がいろいろあって楽しいものなんだな~と思いました。
by kiko1578 (2009-11-14 20:39) 

ふーみん

イースター島に日本の企業が援助して出来た博物館があるのは
誇らしい気持ちになります。
女性のモアイもあたんですね。胸の膨らみが分かります。
女王様のすべてがそろってよかったです。
モアイ作成の道具を見ると血の滲むような御苦労があったのですね。
本物の目が岩の間に見えると怖いでしょうね。
大きさがぴったりとはすごいです。
もーきちさんも感心してはりますね。
スケッチや絵画もすばらしいですね。
楽しませていただいてありがとうございました。
イースター島の写真送っていただいてありがとうございました。
今日cheeさんが来宅しましたので私のPCに入れてもらいました。
希望した3枚です。 プリントインクもかってきましたのでプリントします。
ありがとうございました。楽しみです。
by ふーみん (2009-11-14 23:24) 

Inatimy

モアイの立ち上がらせ方、運び方、なるほど!です。
いすれにせよ、かなり重かったでしょうね~。
いろんな資料が見られて、これは面白そうな博物館♪
by Inatimy (2009-11-15 07:34) 

moc

ほんとーに運べるんでしょうかね??
んー謎ですね。

by moc (2009-11-15 13:19) 

miffy

・・・トメサンさま・・・

niceありがとうございます


・・・ユミさま・・・

小さな博物館でしたが、イースター島の歴史やモアイの事を知ることが出来るので訪れる価値はあると思います。
英語とスペイン語の説明文もあります。
女性のモアイはアフ・ビナプにもありましたが、こちらの方が綺麗でした。


・・・miyokoさま・・・
・・・flutistさま・・・
・・・xml_xslさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 19:14) 

miffy

・・・ぴーすけ君さま・・・

小さな博物館ですが、間近で貴重な物を見る事ができるのでいいですよ~


・・・はったぎさま・・・

たくさんあるモアイのほとんどは男性を模してるみたいです。
今回見た女性のモアイは2体だけでした。
展覧会をしてたのは若い画家さんで、「どこから来たの?」って気軽に話しかけてくれました^^


・・・ほりけんさま・・・

niceありがとうございます


・・・sakさま・・・

私も西洋人が訪れる前の島で暮らしてみたかったなぁと思いました^^


・・・JBOYさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 19:22) 

miffy

・・・qoo2qooさま・・・

博物館って楽しいですよね~
モアイは首長を模して作ったということでしたので、男性の物が多いのでしょうね。


・・・picaさま・・・

別館はいつも何かやっているわけではないみたいです。
この時はたまたま若い画家さんの展覧会でした。
鮮やかな色使いで力強い絵でした~


・・・gyaroさま・・・

niceありがとうございます


・・・めぎさま・・・

そうですよね~
今、現在でも何気なく使ってる物が何百年先には芸術作品として飾られるかもしれないですよね。


・・・takemoviesさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 19:33) 

miffy

・・・ミスター・ピッチサイドさま・・・
・・・manamanaさま・・・
・・・ソニックマイヅルさま・・・
・・・ギルバート明子さま・・・

niceありがとうございます


・・・MOCOMOCOさま・・・

小さな博物館ですが、いろいろと勉強になりました。
日本企業はいろんな国々で援助をしてるみたいですね~
by miffy (2009-11-15 19:42) 

miffy

・・・sakamuさま・・・

niceありがとうございます


・・・カトリーヌさま・・・

元々モアイは首長を模してるので男性の物が多いみたいです。
今回女性のモアイを見たのは2体だけでした。
撮影禁止の所が増えてる中で無料で撮影できるのってうれしいですよね~
博物館の中は英語とスペイン語の説明だけでしたが、絵があるとわかりやすくていいですよね。
探検家に同行していた画家は記録係のようなものでどれだけリアルに書けるかが大事だったみたいですね。
チリの画家さんは笑顔の素敵な若い方でした^^


・・・yukikazeさま・・・

モアイの眼は海外に貸し出されていて見る事ができないこともあるそうです。
いつか日本にも来る事があるかもしれませんね。


・・・くろたさま・・・

小さな博物館でしたが、興味深いものがたくさんありました。
展示物は少ないですが、パネルで歴史も説明してくれているのでとても勉強になりました。
モアイの眼、まがい物とは比べ物にならないくらい素敵でした。
この眼ならマナ(魂)が宿るというのも信じられると思いました。


・・・nobapapaさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 20:03) 

miffy

・・・Travelerさま・・・

niceありがとうございます


・・・あつこさま・・・

女性のモアイは数が少ないみたいです~
今回見たのも2体だけでした。
モアイ・カバカバの木彫りも売ってたんだけど、ちょっと怖かったので買うのはやめました^^;


・・・とりさま・・・

若い画家さんの作品でしたがインパクトが凄かったです。


・・・charikoさま・・・

私達が知らないだけで日本はいろんな国で援助をしてるみたいです~
日本人がモアイを立てたからか島の人は日本人を見ると「ともだち」って話しかけてきます。
スペイン語圏で仲のいい人に「アミーゴ」って話しかけるのと同じことだそうです。
後期のモアイには眼がついていたみたいです。
眼にはマナ(魂)が宿るからとモアイ倒し戦争の時にいち早く壊された為にほとんど残ってないそうですが・・・


・・・Raeさま・・・

誰にでも思い違いってありますよね~
私も勝手に思い込むこと良くあります^^;
大きな石造りのものだけがモアイだと思ってましたが、木造や女性の物もモアイって呼ぶのだということを今回初めて知りました。
by miffy (2009-11-15 20:46) 

miffy

・・・花火師さま・・・

歯は治療が終わるまでに結構時間がかかりますよね。
早く良くなるといいですね~


・・・トロッコさま・・・

niceありがとうございます


・・・ふーみんさま・・・

いろんな国に出かけるたびに日本からの援助で作ったというものが多い事に驚かされます。
元々モアイは首長を模したものなので男性ばかりだと思ってましたが、今回女性や木造のモアイも見ることができました。
道具もあんな原始的な物を使ってたのだと思うとモアイが出来上がるまでに時間がかかったのも納得できました。
モアイの眼には先祖のマナ(魂)が宿るといわれていたそうです。
怖いかもしれませんが本物の眼が入ったモアイを一度でいいから見てみたかったです。
写真届いたんですね~
また気に入ったものがあったら遠慮なく仰ってくださいね^^


・・・noieさま・・・

モアイのお尻、プクッとしてて本当に可愛かったです^^


・・・MANICATさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 21:03) 

miffy

・・・御心さま・・・

モアイはひとつひとつ表情が違っていて見ていて楽しかったです。
横顔や後姿もとっても素敵でした。


・・・kiko1578さま・・・

何でもそうですが最初に作った人ってすごいですよね~


・・・カメハメ・ハさま・・・
・・・今造ROWINGTEAMさま・・・
・・・わかって建築家さま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 21:29) 

miffy

・・・Inatimyさま・・・

どれも後の学者が考えたことなので実際にはどの方法が使われたのかは定かではないのですが、考えるだけでも面白いですよね。
展示物は少ないですが、いろいろと勉強になることが多かったです。


・・・ミカチさま・・・

niceありがとうございます


・・・mocさま・・・

頭とお腹に縄をつけて運ぶ方法は実際に行われたそうですが、かなり大変だったみたいです。
世界中の謎と同じで宇宙人説って言うのが一番信じられるかも(笑)


・・・SORIさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-11-15 21:34) 

kovac

博物館いいですね
日本企業やるなあ~
by kovac (2009-11-16 10:17) 

りみこ

モアイに男女があったとは~w
by りみこ (2009-11-16 12:43) 

miffy

・・・megu_mさま・・・
・・・アヨアン・イゴカーさま・・・
・・・shinさま・・・

niceありがとうございます


・・・kovacさま・・・

小さいけど見ごたえのある博物館でした。
いろんな国で日本の協力で出来たものを見るとうれしいですよね~


・・・りみこさま・・・

ほとんどが男性のモアイなんですが、女性のモアイもあるんですよ~
今回2体見ることができました。
by miffy (2009-11-16 18:11) 

naonao

イースター島には行ってないのですがチリには行ったので、このムセオに展示してあるものはサンチャゴあたりのムセオで私も観ています。彫刻なんかは妙に懐かしい感じです。
by naonao (2009-11-17 21:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。