So-net無料ブログ作成

RANO RARAKU(ラノ・ララク) [イースター島]

DSC03904.jpg

海岸線からラノララクに向かうモアイの道沿いにある倒れたモアイ

DSC03905.jpg

荒野にたった1本残った椰子の木

40年前に植林したそうですが、1本を残して全滅してしまったそうです

DSC03910.jpg

 

DSC03909.jpg

ラノララク山(ラノ=火の山 ララク=働くという意味だそうです)

DSC03911.jpg

島のほとんどのモアイがここから切り出された為、ラノララクはモアイの製造工場といわれています 

山腹から山頂付近まで400体ものモアイ(主に後期のもの)が点在しています

モアイ1体を作るのに30人で1年半かかったと言われています

DSC03917.jpg

島のモアイの平均サイズは全長4m、重量12トンだそうです

ラノララクのモアイは平均よりも大きいもの(8~10mのもの)が多いそうです

DSC03920.jpg

ラノララクにあるモアイはアフに運ばれる為のものだけでなく斜面を飾る為に作られたものも多いそうです

DSC03926.jpg

モアイ・ピロピロ(全長12m) 半分は土に埋まっています

考古学者が全て掘り出して全長を測りまた埋め戻したのだそうです

DSC03927.jpg

ピロピロの横顔

DSC03929.jpg

 立っているモアイは2分の1か3分の2は地中に埋まっているそうです

DSC03997.jpg

このモアイのモデルの首長の首が曲がっていた為モアイの首も傾げてつくられたそうです

DSC03933.jpg

 

5.jpg

 島で一番大きなモアイ・エル・ヒガンテ(矢印の所)は全長21.5m

DSC0403.jpg

7階建てのビルと同じ大きさだそうです

DSC03951.jpg

初期に作られたモアイ・トゥクトゥリ(トゥクトゥリ=ひざまずく) 正座をしている珍しいモアイです

仰向けに転がって顔の一部だけが出ていたものを掘り出して設置されたそうです

DSC03953.jpg

トゥクトゥリのお尻とかかと

DSC03954.jpg

 

DSC03957.jpg

作りかけのモアイ

DSC03981.jpg

 

DSC03977.jpg

 

DSC03987.jpg

 

DSC03990.jpg

 

DSC04020.jpg

ラノララクの火口はカルデラ湖になっています

DSC04016.jpg

内側の斜面にもたくさんのモアイがありました

DSC04023.jpg

ラノララク

 

DSC04029.jpg  DSC04030.jpg

お昼はラノララクのピクニックスペースで村から運んでいただいた温かいお食事をいただきました

鶏腿肉のローストとお豆とトマトとライスです 右はベジタリアン用の野菜のオムレツ

デザートは左の写真の隅っこに写ってるゼリー

ラノララクには綺麗なトイレと常設のお土産屋、管理事務所があります


nice!(51)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

nice! 51

コメント 32

pica

もしかして、いちばんのり♪

知ってしまえば納得だけど、モアイは埋まってるんですね。
そーですよね。ぽんと置いてあるわけないもんね。

正座しているのまであるとは!モデルは日本人の祖先だったりして(笑
もーきちくんの正座まで見られるとは思いませんでした(^_^)
by pica (2009-10-10 18:45) 

qoo2qoo

うわ!モアイがいっぱいですね!o(´▽`*)/
イースター島って感じですね!自分も実際に見てみたいです!
あと、埋まっていたのは初めて知りました。
※チキン南蛮の本場は宮崎県なんですね!
by qoo2qoo (2009-10-10 19:47) 

ぴーすけ君

モアイ、倒れずにこのまま海の方向を見つめていって欲しいなぁ~
by ぴーすけ君 (2009-10-10 20:12) 

花火師

こんなところから切り出されていたんですね
by 花火師 (2009-10-10 23:58) 

めぎ

作った人たちの人生の事を考えてしまいました・・・
モアイを作る事に一生を捧げていたのかしら。
by めぎ (2009-10-11 06:30) 

とり

美しい写真ばかりですね~
像がゴロゴロしてるシーン、ラピュタのロボットのお墓を連想しました。
by とり (2009-10-11 07:15) 

sak

ちゃんと立って海を見ているモアイの姿と景色を見ていると
争いごとなどなかったような
すごく平和な世界を感じてしまいます
by sak (2009-10-11 08:10) 

rino

400体のモアイってすごいですね。そんなにたくさんあるとは思いませんでした。それに、モアイにはモデルがあるんですね~
by rino (2009-10-11 12:04) 

SOLE

モアイって色んな種類があるんですねー。
正座モアイとかおもしろい。モーキチ君の正座もおもしろい(笑)
by SOLE (2009-10-11 17:14) 

Rae

モーキチさん、正座してるけど……足が、足の長さが足りてない(爆)
正座してるモアイのお尻と足の感じが妙にかわいくって笑ってしまいました。
モアイって、あんなでっかい岩から彫りながら切り出すようにして作ってたんですね。 大変だったろうなー。
by Rae (2009-10-11 21:15) 

kiko1578

昔の人は辛抱強いですね。今じゃ機械がいろいろある
から作るのは昔より楽だと思うけど、作る人はなかなか
いないでしょうね。
コメントありがとうございます。芙蓉といっても私が植えて
いるのは酔芙蓉という種類なんですね。ひとつかしこく
なりました。
by kiko1578 (2009-10-11 21:43) 

まめ

モアイって素敵ですよね。
さすがに家に欲しいとは思いませんが、一度行きたい
場所の一つです。
by まめ (2009-10-12 00:44) 

Inatimy

40年前に植林・・・1本残って全滅だったから、
その後は、椰子の木の植林、諦めちゃったのかしら。
寂しげ・・・。
作りかけのモアイの写真がとってもおもしろかったです。
こんな風に横になった姿から作ってたとは。
by Inatimy (2009-10-12 05:52) 

はったぎ

どこも見ても清清しい景色ですね~
モアイが沢山いますね。
不思議な光景なのにそれが当然に見える^^
by はったぎ (2009-10-13 11:49) 

ふーみん

ラノ・ララク 椰子の木が1本残ってると言うのもいいですね。又その写真がいいです。
もーきちさんの親せきも野生ですか?
もあいが2Mに21トンとは大きいですね。
土に埋まってたら倒れないから立っているのですね。
大きな岩から倒れた状態で彫っていくのですね。
正坐のモアイがあると言うことは日常正坐していたのでしょうかね。感慨無量ですね。
どの写真も綺麗です。
by ふーみん (2009-10-13 14:16) 

あつこ

すごいわ~!!
こんな壮大なところで、何人もモアイさんがいたら
圧巻やね~!!
生で見たら感動やろな~
by あつこ (2009-10-13 15:04) 

miffy

・・・picaさま・・・

一番乗りありがとうございます~
モアイ埋まっているっていうのは頭ではわかっているんですが、遠くから見ると地面から生えてるように見えてしまいました(笑)
もーきちさんも正座してるモアイの真似をしてみましたが、如何せん足が短いので(爆)


・・・JBOYさま・・・
・・・ほりけんさま・・・

niceありがとうございます


・・・qoo2qooさま・・・

見渡す限りのモアイってスッゴク圧巻でした~
倒れてるモアイばかり見続けていたので立ってるモアイを見るととても興奮しました(笑)


・・・ぴーすけ君さま・・・

倒れることはないと思いますがもっと深く埋まってしまうことはあるかもしれないですね~
by miffy (2009-10-13 17:41) 

miffy

・・・gyaroさま・・・
・・・xml_xslさま・・・

niceありがとうございます


・・・花火師さま・・・

ラノララクは綺麗な形をした山だったそうです。
モアイの切り出しを続けた為にあんな凸凹になってしまったみたいです。


・・・MANICATさま・・・

niceありがとうございます


・・・めぎさま・・・

西洋人が訪れるまでイースター島には銅器や鉄器はなかったそうです。
石の斧だけであれだけのものを作るのはとても大変だったと思います。
守り神であるモアイを作ることに誇りをもっていたのかもしれないですね。
by miffy (2009-10-13 17:49) 

miffy

・・・とりさま・・・

そういえば、ラピュタのロボットの顔ってなんとなくモアイに似てますよね。
どこを見てもモアイだらけでうれしくってたくさん写真を撮ってしまいました^^;


・・・sakさま・・・

地中に埋まっているモアイを見ていると別世界にいるような感じがしました。
たくさんの鳥がモアイの上空を飛びながら鳴いていたんですけど、なんとなくモアイとお話してるような気がしました。


・・・kakasisannpoさま・・・
・・・julesさま・・・

niceありがとうございます


・・・rinoさま・・・

島にあるモアイの五分の二がラノララクにあるそうです。
モアイはもともとは村からの発注があってから作られたものだったそうです。
たくさんのモアイがありましたが、ひとつひとつ顔の作りが違っていて面白かったです。
by miffy (2009-10-13 18:02) 

miffy

・・・御心さま・・・
・・・トメサンさま・・・

niceありがとうございます


・・・SOLEさま・・・

モアイ一つ一つを見てると顔の形、鼻の形、表情も違っていて面白かったです~
もーきちさんも正座モアイの真似をしてみましたが、足が短いもので(爆)


・・・Krauseさま・・・
・・・yukikazeさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-10-13 18:05) 

miffy

・・・Raeさま・・・

やっぱりわかっちゃいました~^^;
もーきちさんの足って座れるように前の方についてるんですよね~
正座させようと思ったら全然足の長さが足りなくて~(爆)
モアイのお尻と足、彫った後がしっかり残っていて苦労したんだろうな~って思いました。
西洋人が来るまでイースター島には石器しかなかったんだそうです。
石器であれだけ大きなものを作るのってスゴイですよね~


・・・kiko1578さま・・・

西洋人が来るまでは島には石器しかなかったのだそうです。
削りやすい素材だとはいえ、根気のいる仕事ですよね。


・・・ぐすさま・・・

はじめまして^^
niceありがとうございます


・・・ソニックマイヅルさま・・・
・・・ミスターピッチサイドさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-10-13 18:15) 

miffy

・・・まめさま・・・

モアイを見てると心が和みますよね~
小さくても3mですから家に置くのはちょっとですね^^;
学生の頃から行きたいと思って今回やっと本物に会えました。
願えば叶うんですよね~


・・・Inatimyさま・・・

島は風が強すぎて大きな植物の成長には適してないみたいです。
島の人は結構飽きっぽい性格みたいです。
ダメならまたやろうという話はなかったみたいです。
モアイの背中がペッチャンコなのがずっと不思議でしたが、作りかけのモアイを見て納得しました。
顔側だけ荒削りして立たせた後に細かい細工や背中の仕上げをしていたのだそうです。


・・・アヨアン・イゴカーさま・・・
・・・naonaoさま・・・
・・・くらいふさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-10-13 18:23) 

miffy

・・・toraneko-toraさま・・・
・・・ギルバート明子さま・・・
・・・今造ROWINGTEAMさま・・・
・・・みきおさま・・・

niceありがとうございます


・・・はったぎさま・・・

倒れたモアイばかり見た後に林立しているモアイを見ると違う世界に迷い込んだような気がしました。
モアイが何かを訴えかけてるような感じもしました。
夜な夜なモアイ達が動き回ってるような気もしました(笑)
by miffy (2009-10-13 18:27) 

miffy

・・・ふーみんさま・・・

1本だけ残ってる椰子の木はかなり遠くから見えるんですが、その姿は誇らしげに見えました。
牛達も馬同様に一応持ち主はいるみたいですが、勝手気ままに過ごしているみたいでした。
モアイ高さは実感できましたが、そんなに重いものとは思いませんでした。
山全体がモアイの素材である凝灰岩で出来ているそうです。
凝灰岩を黒曜石などを使って少しずつ彫って作ったのだそうです。
島の人達が正座をしていたのかどうかはわかりませんが、胡坐は出来るみたいです。


・・・あつこさま・・・

倒れたモアイばかり見続けてたので林立してるモアイを見た時はスッゴク感動しました~
違う世界に迷い込んだみたいでした。
いろんな顔のモアイを一つ一つ見てるととっても幸せでした^^
by miffy (2009-10-13 18:38) 

MOCOMOCO

わあ~、これだけゴロゴロとモアイがあると、圧巻ですね~!
ひとつひとつに、なんだか表情があるような感じがします。
首が曲がってたり、正座してたりするのも面白いですね♪
by MOCOMOCO (2009-10-13 21:14) 

kovac

イースターにも色々な表情があるのですね~
子供の頃に本で見たイメージで凝り固まってました。
なんだか身近に感じちゃうけど、やっぱり遠いんですよねえ
by kovac (2009-10-13 22:03) 

noie

点在しているモアイが可愛いですね。
いろいろな姿が何とも言えず、微笑ましい感じです。(*^^*)
by noie (2009-10-14 16:17) 

miffy

・・・MOCOMOCOさま・・・

全部見比べたわけではないですが、モアイは一つ一つ少しずつ表情が違っていたような気がします。
注文にあわせていろいろなモアイを作成していたようです。


・・・kovacさま・・・

島ではガイドブックだけではわからないような事がたくさんありました。
やっぱり何でも自分の目で見てみないとですよね~


・・・ayafkさま・・・

niceありがとうございます


・・・広島ピアノさま・・・

はじめまして^^
niceありがとうございます


・・・noieさま・・・

一度にたくさんのモアイを見てとっても感動しました。
目鼻立ちがそれぞれ違っていてどこがどう違うんだろうと見比べるのが楽しかったです^^
by miffy (2009-10-14 20:24) 

カトリーヌ

斜面を飾るとっても倒れたりしないのかなぁと思ったら
半分埋めているのですね!
モアイ、1体1体お顔が違っているのがよくわかります^^
ピロピロさん、お鼻たかーーい(*´∇`*)
正座しているモアイがあるなんてびっくりです!!珍しいですね。
足とお尻がすごくかわいいです(^ー^*)♪
もーきちくんも正座していて、シンクロしていますね(*^-゚)v
by カトリーヌ (2009-10-15 10:56) 

miffy

・・・カトリーヌさま・・・

長年の間に土砂で埋まってしまったみたいですが、最初はどうやって立ててたのでしょうね。
彫る人がたくさんいたからかモデルの顔に合わせたのかみんな顔が違っていて面白かったです。
ラノララクのモアイたちはみんな鼻が高かったです~
その頃の流行なのかな~
正座モアイの足とお尻スッゴク可愛いですよね~
もーきちさんも真似してみましたがちょっと長さが足りなかったみたいです(爆)


・・・いっぷくさま・・・
・・・さちこさま・・・

niceありがとうございます
by miffy (2009-10-18 20:00) 

くろた

圧巻の景色ですね。
行ってみたい。モアイ群をこの眼で観たい。と
切に思う写真ばかりです。
モアイがこんなに数があるとは
驚きですしその巨大さもすごいですねー。
もーきち分身一人ぽわーっとしてますねー。
by くろた (2009-10-19 17:13) 

miffy

・・・tamaさま・・・

niceありがとうございます


・・・くろたさま・・・

ゴロゴロって言葉がピッタリなぐらいにたくさんのモアイがありました。
写真やTVでも見たことがあるのに実物を見るとこんなに感動するものなんですね~
機会があればぜひお出かけください。
by miffy (2009-10-19 23:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。